イメージ1

今月の予定(平成31年4月)

月 日 お知らせ
4月4日(木)  午前 休診
 午後 予防接種(予約制)
    一般外来15:00〜18:00
4月20日(土)  5月分健診、予防接種の予約受付開始
 (予約は電話または直接受付にてお願いします)
*金曜日  4月5日(第一金曜日)   ・・・ 午前のみ(一般外来、予約健診、予防接種)
 4月12日、19日、26日 ・・・ 定期休診日です。
◎ゴールデンウィークの休診日
4月29日(月)、5月3日(金)〜5月6日(月)は休診です。
4月30日(火)、5月1日(水)、5月2日(木)は通常通りの診察になります。

●水曜日の診察時間が変更になりました。
9:00〜10:00は乳児健診です。
一般外来は10:00〜始まります。
午後は休診です。(平成31年1月から変更)

◎診察の予約
 
@インターネット予約
午前診察の予約受け付け・・・AM6:00〜AM11:30(月、火、水、木、土、第一金)
              水曜日のみAM6:00〜12:00
午後診察の予約受け付け・・・AM11:00〜PM 5:30
(月、火、木曜日の予防接種終了後。)
●ネット予約は・・・
・ホームページからネット予約受付→「ネット受付」の午前(午後)の受付をする→姓名、生年月日、診察券番号、電話番号などを入力して受付→完了
(赤文字で受け付け番号が表示されますので忘れないようにメモしておいてください。)
●診察の進み具合を知りたい時
「ネット受け付け」画面の受け付け状況(午前、午後)の「診察済番号」に診察が終わった方の番号が表示されますので、ご自分の番号に近くなったら来院して下さい。
●午後の診察開始時間を知りたい時
ネット受け付け画面、「受け付け状況」の「午後診療開始予定」に表示されていますので、開始予定時間と予約番号を参考に来院されるようにお願い致します。
・予約番号を忘れたり、予約時間がわからない方は電話でお問い合わせ下さい。
 診察キャンセルの方もお手数でも電話連絡をお願い致します。
 
A電話予約
午前診察の予約受け付け・・・AM 9:00〜AM12:00
午後診察の予約受け付け・・・AM11:00〜PM 6:00
(月、火、木曜日の予防接種終了後。ネット予約サイト、受け付け状況の「午後診療開始予定」に開始時間を掲示)

B窓口での直接受け付け
受付時間は電話予約と同時間内です。
*インターネット予約は人数制限がありますので、受け付け停止になった場合は電話での予約をお願い致します。

診察室だより

★ 予防接種状況
・風しんの追加的対策として平成31年4月より「昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれまでの男性」を対象に、原則無料で風しんの抗体検査及び風しんの予防接種(抗体検査の結果、十分な量の風しんの抗体価を有する者を除く)が実施されます。
該当する年齢の方でご希望の方はかかりつけの医療機関にお問い合わせください。
成人間での麻しん(はしか)や風しんの流行が続いています。
子どもの頃にかかったかどうかわからない方や、一回の予防接種をしている方でも抗体価が下がっている場合もありますので、検査で抗体価を知っておくと良いと思います。
・4種混合ワクチンにはジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオが入っています。
生後3カ月から接種し始めて合計4回で完了します。
ワクチンの中に含まれている百日せきも、成人の間で小さな流行が時々起きる事があります。
成人が感染しても長引くせき程度でひどくならない場合が多いので感染に気付かない事が多いようです。
しかし乳児が感染すると呼吸困難や呼吸停止を起こしたり、さらに肺炎や脳症等の合併症を起こす事もあります。
百日せきのワクチンの予防接種をしていない兄弟から生後間もない乳児に感染して重症化することもあります。
乳児がいるご家庭では、兄姉への予防接種を忘れないように、また成人でせきだけがかなり長引く方がいる場合も気をつけて下さい。
★ インフルエンザ
3月になってからインフルエンザの流行も少しずつ落ち着いてきましたが、3〜4日おきに数名のA型感染者が出て、20日過ぎになって感染がみられなくなりました。
今季、当院でのB型インフルエンザはほとんどみられませんでした。
流行したA型インフルエンザの合併症は毎年話題になる脳症の他に心筋炎による死亡、他にも重積けいれんなどの報告がありました。
日本循環器学会では2009年に流行した「新型インフルエンザH1N1」ウイルスによる心筋炎発症に注目し、2010年には症例調査研究を始めています。
今季流行のA型は香港型とH1型であると報告されています。
インフルエンザの合併症は免疫の過剰反応が重症化の原因の一つと考えられ、脳症のように感染して早い段階で発症していると報告されています。
今季、A型インフルエンザは大流行しましたがB型インフルエンザの発症はこれから流行するのか、このままインフルエンザ終息になるのか予想もつきませんが、毎年5月頃まで発症報告を聞き、夏休みに感染した子どももいますので、予防には引き続き力を入れ、感染した場合は早めに受診して下さい。
インフルエンザウイルス大流行後の重篤な合併症報告を聞きますと、あらためてインフルエンザの怖さを感じます。
B型インフルエンザはA型と比較すると発熱、関節痛、筋肉痛は少ない傾向にありますが、腹痛や下痢などの胃腸炎症状が多くみられます。
感染性胃腸炎のような激しいおう吐は少ないように思います。
B型はA型に比べると体内でのウイルスの増加がゆっくりなため、体内のウイルスに抵抗する体内免疫細胞反応も弱めですが、数年前から重症タイプのB型インフルエンザもみられ、まれに脳症を発症する事がわかっていますのでA型と同様に注意して下さい。
*インフルエンザの治癒証明が変わります
インフルエンザが治り、登園登校するためには治癒証明書が必要でしたが、4月1日から治癒証明書は「インフルエンザ経過報告書」に変わります。
インフルエンザ診断日に医療機関にて「発症日、診断日、診断型、処方薬」を記載し、保護者が「体温の経過」を午前、午後と記載した報告書を提出したうえでの登校となります。
(出席停止期間は発症後5日間経過し、かつ解熱した後2日を経過するまで…幼児は解熱後3日)
治癒証明書は不要となりますが経過報告書の提出で出席停止解除になりますので、保護者の方には忘れずに熱の計測記入等をお願い致します。
★ 他の病気
胃腸炎が多いのも先月から引き続いていますが、軽い症状の胃腸炎が多く、点滴が必要な程度の症状があったのは低学年の学童が数名でした。
また、時々手足口病がみられました。
これから溶連菌感染症が多くなる季節です。
のどの痛み、発熱などの症状から始まり、イチゴ舌、発疹があらわれ、発熱や発疹が治まってから手足の皮がむけたりする事があります。
腎炎やリウマチ熱などの合併症を引き起こす事がありますので、症状が現れたら早めに受診して下さい。
★ 新入園児のおうちの方へ
4月は初めての集団生活で戸惑ったり、緊張する事も多い日々ですが、少しずつ慣れてお友達もできて通園が楽しくなりだすのにも多くの時間はかからないと思います。
その頃になると、お友達から様々な感染症をもらってくる子どもが多くなります。
以前は水痘、おたふくかぜなど感染が多かったのですが、 水痘は2回接種が定期接種に定められてからは感染する子どもが激減しています。
感染しても軽い症状ですんでいます。
おたふくかぜも1回接種をしている子どもは多く、ワクチン接種をしていない子どもに比べると、はるかに軽い症状ですんでいます。
おたふくかぜはここ数年学童での感染が時々見られます。
おたふくかぜの後遺症である難聴が問題になっていますので、入学前に2回目の接種をお勧めしています。
「かぜ」と呼ばれる感染は最も多く、夏かぜ、冬かぜなどがあります。
子どもによっては次々と違うタイプの「かぜ」をもらい、園に行くよりも病院に行く日にちのほうが多いと嘆くお母さんもいます。
通園や習い事で世界が広がるこの時期には、いろいろな感染症に出会って発熱などを繰り返すこともあります。
けれど、子ども時代に感染しやすいウイルスの多くは一度かかると免疫ができて、次からは感染しないこともありますし、感染しても軽く済んだりします。
体力もついてきますから「今乗り越えればその分身体が強くなる」と考え、前向きに付き合いましょう。
この年頃は簡単な言葉ではあっても自分の症状を伝える事ができるようになるので、対処はし易くなると思います。
一方で不安や緊張、環境の変化など心理的な面から体調を崩す事もありますので、時々は子どもの心の健康に気を配り、それを支える親の心身面での健康にもご配慮を忘れないようにお願いします。