イメージ1

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
子どもたちの泣き声が生活の一部になっています。
予防接種で泣く子ども、診察で大泣きする子ども。
いやだいやだと全身で力いっぱい表現します。
活発な子どもはうれしい事も悲しい事も嫌な事もすべて身体いっぱいで表現し、全身を使って声を出して訴えます。
少しおとなしい子どもはほほ笑むだけだったり、涙を流し静かに泣いて表現しています。
殆どの子どもは自分らしく表現してくれます。
成長するにつれて身体で表現していた事を、言葉を使ってより詳しく、具体的に自分の気持ちを伝えようとするようになります。
小学校低学年の集団下校の際、同学年だけらしい集団であると大きな声で楽しそうに話をしながら下校する様子を見かけます。
時には口げんかになり、棘のある言葉を友達に投げつけている場面に出くわすこともあります。
投げつけられた子どもが反論すると、言葉の応戦になり収拾がつかなくなる寸前に集団の中の一人の声でその場の雰囲気が一転することがあります。
反対に争いながら集団から離れて、遠くから「ごめん」と大きな声で叫んで走ってしまう子どももいます。
別の日には泣いている子どもを慰めながら登校し、慰められている子どもも頷きながらいつの間にか泣きやんでいるのを見かける時もあります。
泣く事、笑う事など身体で表現する赤ちゃんのころから始まり、周りの大人に自分を受け入れられながら言葉をかけられ、子どもは言葉を使い自分の思いを伝える事を習得します。
言葉で表現していくうちに語彙(ごい)も増え、言葉を操ることもきるようになり、伝える事の意味を知っていくようになります。
子どもは少ない言葉で真剣に思いを伝えようとしますが、大人になり語彙が増えるにつれて、伝えるべき事を「言葉の綾」と言われるような言葉の巧みな言い回しで微妙な意味合いに変えることもできるようになります。
また、想像した事を言葉を組み立てて壮大な物語に仕立てる事もできます。
言葉だけでなく、すべての事は使い方次第で変わるようです。
子どもたちが育つ過程で覚えた言葉が、相手を傷つけたりすることなく、意思の疎通として正しく、対話としてキャッチボールのように使われるように、これからもたくさんの人と出会い、たくさんの経験をしながら子どもたちがより良く成長できる社会であってほしいと思います。
今年もよろしくお願い致します。

                      院長、スタッフ一同

今月の予定(平成31年1月)

月 日 お知らせ
平成30年
12月28日(金)

平成31年
1月3日(水)
 休診です。
平成31年
1月21日(月)
 2月分健診、予防接種の予約受付開始
 (予約は電話または直接受付にてお願いします。)
平成31年
より
 *1月から乳児健診の時間が変わります。
 9:00〜10:00(予約)
 午後の時間帯希望の方はご相談ください。
*金曜日  1月4日(第一金曜日)   ・・・ 午前のみ(一般外来)
 1月11日、18日、25日 ・・・ 定期休診日です。
◎診察の予約
 
@インターネット予約
午前診察の予約受け付け・・・AM6:00〜AM11:30(月、火、水、木、土、第一金)
              水曜日のみAM6:00〜12:00
午後診察の予約受け付け・・・AM11:00〜PM 5:30
(月、火、木曜日の予防接種終了後。)
●ネット予約は・・・
・ホームページからネット予約受付→「ネット受付」の午前(午後)の受付をする→姓名、生年月日、診察券番号、電話番号などを入力して受付→完了
(赤文字で受け付け番号が表示されますので忘れないようにメモしておいてください。)
●診察の進み具合を知りたい時
「ネット受け付け」画面の受け付け状況(午前、午後)の「診察済番号」に診察が終わった方の番号が表示されますので、ご自分の番号に近くなったら来院して下さい。
●午後の診察開始時間を知りたい時
ネット受け付け画面、「受け付け状況」の「午後診療開始予定」に表示されていますので、開始予定時間と予約番号を参考に来院されるようにお願い致します。
・予約番号を忘れたり、予約時間がわからない方は電話でお問い合わせ下さい。
 診察キャンセルの方もお手数でも電話連絡をお願い致します。
 
A電話予約
午前診察の予約受け付け・・・AM 9:00〜AM12:00
午後診察の予約受け付け・・・AM11:00〜PM 6:00
(月、火、木曜日の予防接種終了後。ネット予約サイト、受け付け状況の「午後診療開始予定」に開始時間を掲示)

B窓口での直接受け付け
受付時間は電話予約と同時間内です。
*インターネット予約は人数制限がありますので、受け付け停止になった場合は電話での予約をお願い致します。

診察室だより

★ 予防接種状況
・インフルエンザワクチンはご予約いただいた方の98%が接種完了致しました。
市内でも感染者が少しずつ増えてきました。
当院での12月末時点の感染者は一人でした。
流行が始まる前に接種が完了した事でホッとしています。
電話でワクチン予約についての問い合わせがありましたので、当院のインフルエンザの予約法についてお知らせいたします。
毎年9月末〜10月にかけてワクチン予約をしていただき、10月上旬から接種を行います。
希望者にあわせてワクチンを用意いたしますので、13歳未満の方は1回のワクチン予約で2回接種分の予約になります。
ワクチン予約がないと接種はできません。
必ず予約をお取り下さい。
予約数が決まっていますので、毎年早めに予約終了になる傾向にあります。

*1月から水曜日の予防接種(16:00〜)は中止になりました。
月、火、木、土曜日の午後、または第一金曜日の午前の時間をご利用ください。
★ 胃腸炎
秋口から胃腸炎症状のある子どもが多くいましたが、12月になって嘔吐や吐き気が強い症状が出始めています。
点滴を受けるほど重症になる例は少ないのですが、ノロウイルスの流行時期になってきたので注意が必要です。
ノロウイルス感染症は、乳幼児から高齢者までの幅広い年齢層に急性の胃腸炎を引き起こす病気です。
長期の免疫ができず何度も感染する人もいます。
新型といわれるようにウイルスも変化し、免疫を持つ人がいない新型は大流行になる傾向があります。
症状は「腹痛、下痢、吐き気、嘔吐」が主です。発熱は37〜38度程度で、頭痛、筋肉痛を訴える方もいます。
通常2〜3日程で症状は治まります。
乳幼児では、ノロウイルスよりもロタウイルスによる胃腸炎で重症化しやすいので気をつけて下さい。
現在、生後2ヶ月からロタウイルスワクチンを経口接種する赤ちゃんが多くなり重症化する赤ちゃんは激減しましたが、未接種の赤ちゃんには注意をして下さい。
ロタウイルスもノロウイルスも激しい嘔吐と下痢を伴い、発熱も見られます。
下痢や嘔吐により、たくさんの水分が身体から奪われますので、脱水に気をつけて水分補給をこまめに行なってください。
お茶や水だけでなく、塩分やカリウムなどの含まれた経口補水液(OS−1)などを利用すると良いでしょう。
小さな赤ちゃんでは急激に脱水が進み、命にかかわる事もあるので、早めの受診を心がけてください。
どちらの場合も、汚物、下痢便の処理は、感染の恐れがあるので細心の注意を払い、塩素系の消毒薬を使用して、処理する人も使い捨ての防具などを利用して、処理後は手洗いを丁寧に行ってください。
★ インフルエンザ
*インフルエンザの薬について
インフルエンザと思われる発熱があった場合は「迅速検査キット」で診断がつきますが、発熱から8〜12時間経過しないと正確な診断ができません。
(ウイルスの増殖の数に関係しているので、陰性であっても翌日には陽性になる事はよくあります。)
インフルエンザと診断されれば発症後(発熱した時間)48時間以内なら抗インフルエンザ薬が有効です。
飲み薬・・・タミフル(10歳以上は使用できません)
吸入薬・・・リレンザ(5歳以下は使用できません。1日2回5日間吸入)
      イナビル(1回吸入のみ)
静脈注射・・ラピアクタ(1回のみ)
従来抗インフルエンザ薬は以上の薬が主でしたが、今季ゾフルーザという新しい薬が承認されました。
(子どもの場合は体重10キロ以上)
今までの抗インフルエンザ薬は細胞内で増えたウイルスが周りの細胞に感染が広がっていくのを防いでいました。
一方、ゾフルーザは細胞内でのウイルスそのものが増えないようにする働きがあります。
服用は1回飲むだけですみます。
しかし、1回の服用ですむだけに服用後に嘔吐した場合の対応が難しいと思います。
服用する事でウイルス量が急激に減少するという事なので、今までの薬よりも周囲に対する感染力が少なくなると考えられると思います。
子どもに対しては年齢や体重による制限がありますが、新しいタイプの抗インフルエンザ薬が出たのは画期的だと思います。
それぞれの薬については主治医と相談して決めていただくと良いと思います。
当院では5歳以下の子どもがインフルエンザにかかったら、タミフルの使用について保護者の方と話をしてから決定していただきます。
抗インフルエンザ薬を使用するメリット
・発熱期間が短い。
・二次的な感染(気管支炎、肺炎、中耳炎など)が起こりにくい。
・他の人に感染しにくくなる。
これからインフルエンザの流行期になり、A,B両型インフルエンザが同時に流行する事も多々あります。
10台の子どもを中心に多いといわれる異常行動については抗インフルエンザ薬使用の有無に関係なく発熱から1〜2日に出る事が多いので、熱が出始めて2日間は眼を離さないようにしたり、寝ている部屋を中心に窓に鍵をかけるなどの努力をお願い致します。